寿命が短い車を選ばない

すぐに故障するリスクがある

中古車を購入する時は、なるべく寿命が短い車を選ばないようにします。寿命が短い車は、価格が安いというメリットがありその分現金購入も現実的です。さらに、安い分ローンの審査も通りやすいですし頭金も少なくて済みますよね。しかし、大きなデメリットがありそれがすぐに故障するリスクがあることです。運転期間が長い車は、いくら修理してもすぐにまたどこかが悪くなるケースがあります。また、一度修理した部分が再度故障するケースもあり長年乗れないかもしれません。 つまり、寿命が短い車を購入すると近いうちにまた車を購入する可能性が高いでしょう。そこで、中古車を購入する場合は今までの走行距離を確認して担当者にどれぐらい寿命があるのかを聞いてから購入を検討します。

中古車だからこそ状態が良い車を購入する

中古車は、価格が安くなっているので金銭的な負担が少ないです。しかし、価格重視で中古車を購入するとすぐに故障する可能性が高いです。そうなると新車を購入する時よりも場合によってお金が必要になります。そのような寿命が短い車を選ばないためにも、なるべく状態が良い中古車を購入します。中古車でも、走行距離が短くて状態が良いものもありますよね。状態が良い中古車は、多少価格が高くなっていますが長く乗れるというメリットがあります。

価格ばかりにとらわれすぎると、状態の良い中古車を見逃してしまうので担当者に相談しながら決めましょう。また、中古車専門店だと中古車の台数が多い分、状態が良い中古車を見つけられる可能性が高いです。

中古車のリースは月々の支払いを出来るだけ抑えたい方に向いています。その理由は中古車は新車に比べて車両価格が安くなっている為です。リース価格は車両価格を基に算出しているので、月々の支払いが安くなります。